冠婚葬祭あれこれ

葬儀を行う場合、具体的に決めなければならない点は主として以下の4つです。

1:葬儀社 2:葬儀式場 3:葬儀のスタイル 4:予算
以上が決まったら速やかに葬儀の準備にとりかかりましょう。
(※以下は仏式の例です。宗教、宗派によっては異なることがありますので、ご了承ください)

葬儀の準備

家族が亡くなられたら、当日すぐにおこないます。

【連絡】

まずは、親しい親戚や友人、そして葬儀社に速やかにご連絡ください。

【お迎え】

葬儀社が、病院など亡くなった場所へすぐにお迎えにあがり、御家族と相談の上、亡くなられた方を決められた安置場所へお送りします。

【打ち合わせ】

お亡くなりになった方の、地位や環境、宗教、意向などを伺ったうえで、規模や内容等、一連の葬儀の流れを打ち合わせします。

【各種手続き】

死亡診断書による役所手続き(代行)

通夜

通常、亡くなられた当日の夜におこないます。

【通夜】

通夜の式場準備、進行、料理や香典返しの手配等

葬儀

通常、通夜の翌日におこないます。

【納棺】

宗派にあわせ、故人の愛用品とともに納棺

【葬儀・告別式】

葬儀の式場準備、進行、料理や香典返しの手配等

【出棺】

出棺の準備、進行

【火葬・収骨】

火葬場の手配、準備、進行

法要

亡くなられた日から七日後におこないますが、葬儀の当日におこなうことも多いようです。

【法要】

初七日の会場手配、料理、返礼品などの準備

PAGE TOP