よくある質問

お葬式のマナー

喪主と施主に違いはありますか?
喪主とは祭祀を執り行なう方です。
遺族の代表者として葬儀を行ない、弔問を受けるのが喪主の役割になります。故人ともっとも縁の深い人がなるのが普通で、故人の配偶者や親、あるいは子、兄弟などが努めます。
施主とは“布施する主”の意味で、お葬式の費用を負担して葬儀を運営する責任者のことです。 喪主=施主という場合が多いですが、亡くなられたご主人の奥様が喪主で、息子さんが施主という場合などもみられます。

子供が親に先立った場合、逆縁といって、親は喪主にならない習慣や、夫婦で夫が亡くなった場合に、喪主は故人の妻ではなく、長男がなる習慣などもありましたが、今ではこうしたしきたりは無くなりつつあります。
葬儀の時、身内はどのような服装で参加するのがいいですか?

身内の服装

遺族は通夜が始まるまでは、平服(普段の服装)でかまいませんが、通夜では喪服を着ます。喪服が間に合わない場合は、貸衣装店や葬儀社の方でレンタルしている場合も多いですので、相談されることもできます。

女性の服装
化粧は控えめに、髪もできるだけシンプルにまとめて、アクセサリー類は、結婚指輪以外は基本的にはつけない方がよいとされています。パールのネックレスかイヤリングのどちらか片方はつけてよいとされています。

男性の服装
和装(羽織と着物)、洋装(モーニングコート、ただし、通夜ではブラックスーツ)が正礼装ですが、現在は、ほとんどの方が洋装(ブラックスーツ)を着られます。ブラックスーツは、ダブルでもシングルでも構いません。

通夜やお葬式の服装は、個人の死をいたむ気持ちを表すものですので、華美な服装や、肌の露出が大きい服装は避けたいものです。
弔問してくださった方へはどのように応対すればいいですか?
遺族、ことに喪主は、弔問客を出迎えたり見送ったりしないのがしきたりです。また、人手が整わない間は茶菓の接待も不要とされています。
しかし、お悔やみの言葉には丁寧にこたえ、故人と特に親しかった人に対しては「ぜひ故人の顔を見てお別れをしてやってください。」とすすめてください。これは礼節の面からもそうですが、弔問客の方から遺体との対面を申し出るのは不謹慎とされているからです。

PAGE TOP