よくある質問

その他

「返礼品」とはどういったものですか?
返礼品とは、通夜や告別式に弔問に訪れたかたに、お礼の気持ちとして、礼状とともにお渡しする品物です。 次の3つに大別されます。

1.通夜返礼品:通夜振る舞いの席に出ないで帰る人に渡す返礼品。
2.会葬返礼品:香典の有無に関わらず会葬者すべてに渡す返礼品。
3.香典返し :香典をもらった人にお礼として渡す返礼品。


もともとは上記の区別がありましたが、今では、通夜と告別式に同じ返礼品(500円~1,000円)を弔問に訪れた方全員に、会葬礼状とともに渡し、香典をいただいた方には忌明けに返礼品を発送することが多くなってきています。
また、忌明けの返礼の煩雑さや渡し損ねを防ぐために、お葬式の当日に、香典の額に関わらず、 2,500円~3,000円の品物を返す即日返しが全国的にも増えてきています。
あらためて三十五日あるいは四十九日の忌明けを待って、返礼する忌明け返しの場合は、半返し(香典の額の半分、二分返しともいう)、三分返し(三分の一の金額の商品を返す)が一般的です。
弔電はどのように打てばいいですか?

弔電

遠方への出張など、やむを得ない事情でお通夜やお葬式に出席できない場合は、ひとまず弔電を打ち、後日あらためて弔問するようにしましょう。
一般的には自宅に打ちますが、葬儀会場などに打つ場合は式の時間に遅れないようにしましょう。※弔電は打って3時間程度で届きます。

宛名は喪主にしますが、喪主名が分からない時は「故○○様 ご遺族様」とします。
お布施とはどういったものでしょうか?
お布施とは、僧侶へ読経や戒名をいただいたお礼としてお渡しするものです。読経料や戒名料という言葉は使いません。
「御布施」と表書きをして、半紙に包むか、白封筒に入れ水引はかけません。また、相手に不幸があったわけではないですので、不祝儀袋は使用しません。お渡しする際は直接ではなく菓子折りやお盆に乗せる形が好ましいです。

お布施の料金については、様々で一般的な相場の金額というのはございません。各お寺様ごとに考え方があると思いますので直接おうかがいするといいでしょう。もし菩提寺ではなく、葬儀社にお願いして手配していただいた僧侶であれば、その葬儀社におうかがいすれば教えていただけるはずです。

PAGE TOP